利用価値の高いレンタルサーバー

現実に、世間のホームページとされるほとんどの物は、レンタルサーバーとなっています。 メールだけの目的のみであっても、レンタルサーバーを利用している方がたくさんいらっしゃいます。

 

レンタルサーバーとは、
◆ホームページを公開する事が出来る
◆自分独自のメールアドレスを自由に使用したり、設定出来る
上記の2つが基本となります。

 

では、メールもホームページも持っているプロバイダとの違いについて、ご説明をさせて頂きたいと思います。 プロバイダーとは、元々インターネット接続を行っている業者となります。 ですので、レンタルサーバーの業務も一緒に請け負っている所が数多くあります。 レンタルサーバーと比較をした時に、デメリットとなる部分を見てみましょう。
・メールアドレスの数量が少なく、1つまたは2つめ以降は有料など。
・メールアドレスが無限の数を使用する事が出来ても、メールボックスが1つしかないため、複数の方でメールを利用出来ません。
・メールアドレスの名前を自由な名前に出来ない。
・長くてわかりにくいホームページのアドレス。
・サイズが小さいホームページ。

 

上記のような部分を挙げる事が出来るのは、プロバイダがホームページやメールの専門業者ではない事が挙げれらます。 ですので、メールやホームページを本格的に使用する時は、レンタルサーバーを利用していると言えます。